和歌山の企業と新卒学生(2025年度卒業予定)・既卒学生をつなぐインターンシップ・就職情報サイト

POINT!

  • 業務内容が多彩
  • 責任感と充実感
  • 事務所の環境が充実
業種
協同組合
本社
和歌山県和歌山市美園町五丁目1番地の1和歌山県JAビル 地図

from 採用担当者

JA和歌山中央会ページにお越しいただきありがとうございます!

JA和歌山中央会は、JAグループ和歌山の代表・総合調整機関として、広報活動、研修の講師、農業政策対応、経営相談対応等幅広く業務を行っています。
JA和歌山中央会に興味を持っていただいた方は、ぜひエントリーをお願いいたします!

JAグループ和歌山の“結集軸”であり、代表組織

和歌山県のJAグループを代表する組織であり、その結集軸となることが、和歌山県農業協同組合中央会(JA和歌山中央会)の役割です。JAは競争原理に偏重せず、組合員一人ひとりが力を合わせ、強いものに対抗していこうという、共通の価値観を持って働く「協同組合」です。一般的な事業体とは成り立ちや理念が異なるため、そうしたJAのあり方や考え方を伝えることも私たちの役割です。また、県内にある8つのJAからの、会計、税務、人事労務などの相談への対応や支援、和歌山の地域性を活かした農業政策の立案、広報や役職員の人材育成など、全国47都道府県にあるJAの県域代表組織のひとつとして、全国と地域を視野に入れた多彩な業務を行っています。

Company
Profile

  • 設立

    1955

  • 代表者

    次本 圭吾

  • 社員数 (前年度実績)

    39

  • 平均年齢

    45.2

  • 年平均
    有給休暇取得日数
    (前年度実績)

    7.7

  • 育児休業
    取得対象者数
    (前年度実績)

    男性 1

    女性 0

  • 育児休業取得者数 (前年度実績)

    男性 0

    女性 0

  • 過去3年間の
    新卒採用者数

    4

  • 過去3年間の
    新卒採用者数

    男性 1

    女性 3

  • 過去3年間の
    離職者数

    0

  • 平均勤続年数

    19.3

  • 役員及び管理的
    地位にある者に
    占める女性の割合

    役員 8.3 %

    管理職 %

事業内容
〇県内農業振興のため、地域農業の担い手育成・支援策の検討、国・県等へ農業政策に関する政策提案。
〇食と農の大切さを伝えるための取り組みや、JAの地域貢献を促進する取り組み、さらに、県内JA組織の存在価値を広く理解してもらうための広報活動。
〇県内JAグループに対する法務・税務・会計、コンプライアンス等についての相談や監査。
事業所
〒640-8331
和歌山県和歌山市美園町五丁目1番地の1
和歌山県JAビル
沿革
1955年7月
和歌山県農業協同組合中央会発足

    JAグループ和歌山の“扇の要”

    県内各JAの意志を結集し、JAグループ和歌山の方向性を示す

     JA和歌山中央会は、県内のJAグループを代表する組織であり、JAグループ和歌山を結束させる“扇の要”とも言うべき組織です。各JAの意志を結集させ、我々の進むべき方向を明示する役割があります。
     和歌山の農業は、全国的に珍しい一面を持っています。というのも、日本の主要農産物の1位が米、2位が畜産であるのに対して、和歌山県の1位は果実、2位は野菜。たとえば米なら、広大な田んぼでの機械作業が可能ですが、和歌山の特産品であるみかんや柿などの果実は、一つ一つ、人の手でハサミを入れて収穫しなければなりません。農地の拡大にも限界があり、多くは家族単位で行う農業である点も和歌山の特徴です。農業には、各都道府県ならではの特性や問題があるもの。一方で、国が日本の農業に対して掲げる要望もあります。そうした国と地域の間に立つ調整役であることも、私たちの役割です。

    業務内容が多彩

    農政問題、法律相談、広報活動など、多彩な業務を担う組織

     たとえば、農政問題に対する県内各JAの意志の取りまとめや、経営や法律の相談対応、広報窓口、食育の推進活動、JA職員の教育…など、JA和歌山中央会はひとつの組織でありながら、実に多彩な業務を行っています。県下の若手農業家による組織である青年部の事務局や、農業に従事する女性だけでなく、地域の女性も参加する女性会の事務局業務も担当しています。JAは農業者のための組織ですが、近年は特に、地域のためにもJAがお役に立てることがあるのではないか?と模索し、その実働に向けた取り組みを進めています。今後は、地域を守り、より一層、地元の皆様に頼りにしていただける存在になりたいと考えています。

    誇りと責任のある仕事

    世界が評価する「協同組合」の一員として

     JAグループのような「協同組合」は、日本ではなかなか親しみのない存在かもしれません。ですが、世界では約70億人という人口のうち、10億人もの人々が協同組合に参画しています。国連でも、2012年を国際協同組合年と定めるなど、高い評価を得ています。それはたとえば、リーマンショックの際、協同の力で困難を乗り越えた、などの事例があるから。協同組合は、貧しい地域を支えることができる組織であり、そのルーツをたどってみれば、実に素晴らしい発想があります。
     そんな協同組合の一員として、また、JAグループ和歌山の代表組織の一員として、地域農業が進むべきビジョンを描く仕事は、大きなやりがいを感じていただけると思います。

研修講師
日常の風景
日常の風景
Web会議の風景
研修講師
日常の風景
日常の風景
Web会議の風景

研修講師

多彩な業務を担う中央会。JAからの相談に真剣に向き合っています。

日常の風景

多彩な業務を担う中央会。JAからの相談に真剣に向き合っています。

日常の風景

多彩な業務を担う中央会。JAからの相談に真剣に向き合っています。

Web会議の風景

多彩な業務を担う中央会。JAからの相談に真剣に向き合っています。

和歌山県農業協同組合中央会 

お問合せ先

JA和歌山中央会・連合会 
〒640-8331
和歌山県 和歌山市美園町五丁目1番地の1和歌山県JAビル
soumubu@ktu.jawink.ne.jp

担当

役員室 人事課/林、津村

最寄り駅

JR和歌山駅下車 徒歩2分

エントリー

会いたい先輩に追加しました。
改めて、企業担当者からご連絡させていただきます。

会いたい先輩から削除しますか?